ラグビー決戦に向け舌戦開始!? 南アフリカは4年前のリベンジ、日本は返り討ちを約束

ラグビー決戦に向け舌戦開始!? 南アフリカは4年前のリベンジ、日本は返り討ちを約束

笑顔で記者会見に応じる、福岡堅樹(左)と中村亮土

準々決勝の大一番を控えた日本代表、南アフリカ代表の両チームがそれぞれ都内で記者会見に応じた。

 リーチ主将は3度目のVを狙う強豪だが、4年前に奇跡を起こした、南アフリカとの戦いに「週の初めは南アフリカが怖く見えたが、自分たちのプランを理解し、どう崩すか考えるとワクワクしてきた」と攻略に自信をみせた。

 スコットランド戦で初先発し、2トライ。WTB松島幸太朗ともに「Wフェラーリ」の称号を得たWTB福岡堅樹は、南アフリカの小兵選手、コルビ(170cm)が2人(福岡175cm、松島178cm)を「小さなパッケージのダイナマイト!」と絶賛していたことを聞くと、「リオ五輪7人制ラグビーでも試合をやった相手。サイズのない選手がどうやって世界のトップレベル戦っていくか、強みを出していくかを意識してきたので、お手本となるプレーをしていた選手に(自分たちを)意識してもらえているのは嬉しい」と笑顔で語った。

 また、4戦連続で先発で、一緒に会見に臨んだCTB中村亮土は「まだまだ、これくらいじゃ図りきれない強いジャパンを見せられる。日曜日を楽しみにしてほしい」と自信たっぷりの表情で語った。

 また、南アフリカのプレースタイルは9月のテストマッチやその後の分析で、熟知しているといい、ハイボールを蹴ってフォワード戦に持ち込もうとするだろう相手戦術の対策に自信を見せた。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)