漫画家・吾妻ひでおさんが死去。失踪どん底生活を、江口寿史さんと語った日

漫画家・吾妻ひでおさんが死去。失踪どん底生活を、江口寿史さんと語った日

ギャグ漫画への思いを語る吾妻ひでお

漫画家・吾妻ひでおが10月13日未明、東京都内の病院で死去した。享年69歳。食道がんで闘病していたという。

 ’69年「まんが王」でデビューし、以降次々に不条理ギャグ、SF、美少女漫画の元祖として活躍。その後、ホームレス生活、アルコール依存症による入院で執筆活動を中断。しかし、休業時のどん底生活を赤裸々かつ軽妙に綴った「失踪日記」で復活を遂げるなど、漫画界に多大な影響を与えた。

 今回特別に2015年6月13日に行なわれた漫画家・江口寿史とのトークショーのリポートを再掲載する。

 お互いの作品への思い、日記漫画を描く楽しさ、苦しみ、ギャグ漫画への思い、そして酒……縦横無尽に語り尽くした。

※このトークショーは、江口寿史の日記エッセイ『江口寿史の正直日記』の文庫化発売記念として行なわれたものです

◆ギャグ漫画家は5年でつぶれる!?

江口:吾妻さんと初めてお会いしたのは81年。いしかわ(じゅん)さんが開いた事務所のこけら落としのパーティでしたね。ひとことごあいさつしただけなんですが、吾妻さんもいらっしゃるらしいと聞いて、それはもう行かねばと。当時連載中だった『ストップ!! ひばりくん!』の原稿をほっぽりだして行ったのを覚えています。もう30年以上前の話ですが、こうして公の場でお話しさせていただくのは、実は初めてなんですよね。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)