「ミス慶應」が中止。イベントを巡って“ガラパゴス的なトラブル”/鈴木涼美

「ミス慶應」が中止。イベントを巡って“ガラパゴス的なトラブル”/鈴木涼美

慶應義塾大学

―[鈴木涼美の連載コラム「8cmヒールで踏みつけたい」]―

「ミス慶応コンテスト2019」の主催団体は、10月14日にツイッターでコンテストの中止を発表した

◆お鍋の中には女の子

 アップルやサムスンがユニバーサルな携帯電話開発に切磋琢磨していた時、我が国の携帯電話周辺の技術者はポップティーンとコラボした激カワな端末とかものすごく高度に動く絵文字とかの開発に切磋琢磨していた、というのは国内マーケットが分厚い極東の島国らしい、お茶目といえばお茶目な、恥といえば恥の歴史である。

 で、ミスコンというと先進諸国では主に「口うるさいフェミニスト」を描く際に彼女たちが目の敵にする女性蔑視的なイベントとして登場するものだが、2019年の日本では、女子アナ登竜門として名高い「ミス慶應」のイベントを巡って、やっぱりガラパゴス的なトラブルが盛り上がりを見せている。

 発端は’16年、それまでミス慶應を運営してきた広告研究会という、リア充という言葉を凝縮して栄養満点かつインスタ映え最高のスムージーにした、みたいな団体所属の男子学生らが、女子学生に乱暴した容疑で書類送検されたというところまで遡る。

 その後イベントは他の学生団体によって似たようなかたちで開催されるようになり、今年に至っては2つの団体がほぼ同じ名前のイベント開催を発表するなど、当初から混乱。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)