プロ野球戦力外選手の意外な就職先。ベンツからプリウスに乗り替え営業に駆け回る

プロ野球戦力外選手の意外な就職先。ベンツからプリウスに乗り替え営業に駆け回る

福田将儀さん(左)と鵜久森淳志さん

◆トライアウトには採用担当者が行列していた!

 プロ野球で戦力外となった選手たちが、一縷の望みをかけて挑む最後のテストは、選手の家族やファンのための“引退試合”ともいわれる。その形骸化が叫ばれる一方で、企業は人材発掘のチャンスと見る。深刻な人手不足の時代は、選手のセカンドキャリアの門戸を開く。

◆一般企業が戦力外選手に秋波を送る理由とは!?

 毎オフに実施される12球団合同トライアウトが、様変わりしている。プロ野球とは関係のないさまざまな企業が会場に来て、選手たちを“スカウト”するようになったのだ。昨年は、警視庁もブースを設置。第四機動隊の野球部には現在3人の元プロ野球選手が在籍する。

 なかでも、企業がまばらだった’15年から毎年会場を訪れているのがソニー生命保険だ。今では、柏支社に鵜久森淳志さん(元ヤクルトなど)、福田将儀さん(元楽天)をはじめ、7人の元プロ野球選手が営業マンとして働く。なぜ元選手を採用するのか。柏支社長で元ラガーマンという落合大輔さんに話を聞いた。

「意外に思われますが、多くのラグビー選手が引退後の再就職に苦労します。仲間が退団したときの“受け皿”をつくりたいと思ったのがこの活動を始めたきっかけです」

 同社には、さまざまな元スポーツ選手が在籍するが、まずは顧客へのライフプラン提示同様、当人にとっての最善策を一緒に考える。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)