林眞須美死刑囚の息子が明かす「僕が母の無実を信じた」理由

林眞須美死刑囚の息子が明かす「僕が母の無実を信じた」理由

死刑囚・林眞須美の息子の浩次氏(仮名)

’98年7月25日に発生した「和歌山毒物混入カレー事件」の犯人として’09年に最高裁で死刑判決を言い渡された林眞須美(58)。前回の夫・林健治氏のインタビューに続き、息子・林浩次氏(仮名)に無罪を訴え続ける思いを聞いた。

◆和歌山毒物混入カレー事件「21年目の告白」

 ご記憶の人も多いだろうが、同事件の舞台となったのは地区の夏祭りだった。そこで振舞われたカレーにヒ素が混入。口にした67人が急性ヒ素中毒となり、うち4人が命を奪われた。直後から前代未聞の無差別殺傷事件として報道が過熱。そのなかでクローズアップされたのが林眞須美だった。当日のカレー鍋の見張り番だったうえに、不審な行動をとっていたという目撃証言も浮上。夫らにヒ素を盛って保険金を不正請求していた“前科”も判明して、事件から約2か月後に逮捕されたのだ。

 このとき夫の健治氏の関与も疑われたが、事件と直接関係のない保険金詐欺の疑いで逮捕・起訴。’02年に懲役6年の実刑判決が確定し、’05年に刑期を終えている。

 その健治氏がなぜ今、眞須美死刑囚への思いを口にしているのか? それは10月で逮捕から21年を迎えた今も、事件が謎に包まれているからにほかならない。決め手となる物的証拠もなければ自白もなし。動機も明らかにされぬまま、状況証拠だけで有罪が言い渡されたのだ。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)