なぜ食べログは嫌われるのか? 飲食店で実名で批判する実情

なぜ食べログは嫌われるのか? 飲食店で実名で批判する実情

タイ料理店「クゥーチャイ」の深津オーナー。「メリットがないので、食べログに関係なく営業は一切断っています。有料プランと同額の月額3万円を支払う代わりに店舗情報の掲載削除を依頼。本部の答えはNOでした」

ある飲食店オーナーがSNSに投稿した“点数操作疑惑”をきっかけに、次々と不満が噴出。グルメ情報サイト・食べログに批判が集まっている。なぜ食べログは嫌われるのか。飲食店の主張を聞くとともにその原因を探った。

◆口コミなのか宣伝か。ビジネスモデルの矛盾が疑惑を生む

 国内最大級のグルメサイト・食べログに今、疑惑の目が向けられている。ことの発端は10月5日にTwitterに上げられた飲食店オーナーの投稿。「うちの店、評価が3.8になって喜んでたら、次の日急に、クチコミ数は変わってないのに、評価だけ3.6に下がっていた。そしたら、食べログから電話きて、年会費払えば元に戻すし、評価を上げるって言われた」。

 この投稿が拡散されると「食べログの評価がお金で買えるのは飲食業界あるある」「お金を払えば悪い口コミを削除するという営業を受けた」など、飲食店の不平不満が多数噴出、大炎上した。4日後の9日には、公正取引委員会が複数のグルメ情報サイトの実態調査に乗り出すと発表した。この騒動に対し、食べログを運営するカカクコムは自社HP上で「有料サービスの加入によって飲食店の点数やランキングが変動することは一切ありません」との旨の見解を示し疑惑を完全否定している。

 火のないところに煙は立たないと言うが、実名で食べログ被害を訴える人がいるのも事実だ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)