体臭を元から消すには?加齢臭、ストレス臭…ニオイ別の原因と対策/医師監修

体臭を元から消すには?加齢臭、ストレス臭…ニオイ別の原因と対策/医師監修

体臭を元から消すには?加齢臭、ストレス臭…ニオイ別の原因と対策/医師監修の画像

「スメハラ」という言葉がすっかり一般的になり、体臭ケアを気にかけている男性も多いだろう。清潔に保つのはもちろん大切だけれど、それだけでは、中年のにおい対策としては不十分だ。

 体臭とは、汗や皮脂などの分泌物と常在菌の作用によって発生する「皮膚ガス」のにおい。汗も皮脂ももとからくさいわけではなく、生活スタイルや体調によって悪臭化する。言うなれば、30歳過ぎての「くさい」は「生活習慣臭」。においを改善したければ、体の中にも意識を向ける必要があるのだ。

 そこで、『日本人はなぜ臭いと言われるのか 体臭と口臭の科学』(光文社新書)などの著書があり、講演、テレビなどでヘルスケア情報を発信する内科医の桐村里紗氏監修のもと、においの原因と対策を探る。

 まずは、においの種類と原因をまとめてみよう。

◆すっぱいにおい・ぞうきんのような体臭――汗臭・腋臭

 汗は汗腺で血液を材料につくられる。汗腺には2種類あって、ひとつが全身にあるエクリン汗腺。もうひとつが、腋の下や陰部など限られた場所にあるアポクリン汗腺だ。

 エクリン汗腺から出る汗の99%は水分で、汗自体はほとんどにおわない。しかし、汗腺の機能が落ちると、本来、再吸収されるべきミネラル分が残ったままとなり、しょっぱいベタベタ汗になる。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)