デブまみれのエレベーター…それでも嫌な印象を与えないためには?

デブまみれのエレベーター…それでも嫌な印象を与えないためには?

デブまみれのエレベーター…それでも嫌な印象を与えないためには?の画像

―[「選ばれるデブ」の共通点]―

 こんにちは、デブのデブによるデブのためのファッション&ライフスタイル情報ウェブマガジン「Mr.Babe」編集長の倉科です。

 先日、ある実験を行ったときのお話をさせていただきます。以前、体臭がクサくなくても不潔感のある服装や髪型だとクサさを連想してしまい、クサく感じてしまう「イメージ臭」というお話をさせていただいたことがありました

 今回は「Mr.Babe」モデルとして活躍しているメンバー6人(もちろん汗かき番長でありますが、オシャレ番長でもあります)の方にご協力してもらい、においの実験を行いました。狭めのエレベーターにポッチャリモデル6人と、なんとか口説き落として承諾していただいた某企業のギャル系大人女子を同室させ、30秒間扉を占めて彼女の本音を聞いてみるというものでした。

 当然、見た目は「屈強な汗かき番長の集団」なので「正直、結構辛いんだろうな……」と思いつつ無情にもエレベーターの扉を締め30秒……。開けた瞬間、悲鳴を上げられるのではと危惧しながら扉を開けると意外にも普通の様子。

「どうでした?」と聞くと「最初はちょっと不安でしたし、当然暑かったのは事実ですが、皆さん、白のTシャツに短髪なので思っていたほど、不快には感じませんでした」と彼女。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)