『小説 孤独のグルメ』の著者が原作者の久住昌之氏と対談。「『孤独のグルメ』という看板を背負って小説を書くのは緊張した」

『小説 孤独のグルメ』の著者が原作者の久住昌之氏と対談。「『孤独のグルメ』という看板を背負って小説を書くのは緊張した」

久住昌之氏(左)と壹岐氏

現在テレビドラマのシーズン8が好評放送中の『孤独のグルメ』。10月には、原作漫画の初代担当編集者・壹岐真也氏による完全新作オリジナルで『小説 孤独のグルメ 望郷篇』も発売された。今回小説を執筆した壹岐氏と、原作者であり、放送中のドラマでは音楽も手掛ける久住昌之氏に、小説篇が完成するまでの制作譚と、それぞれの考えるひとり飯の店の選び方について語ってもらった。

久住:今日は対談の前にドラマの脚本を直してたんだけど、もう、今回の店がうまそうでうまそうで、脚本を直してるだけでお腹がすきました(笑)。

壹岐:先日シーズン1から観返していたんですが、ドラマ自体の雰囲気もずいぶん変わりましたよね。シーズン1ではもっとシンプルだったストーリーが、いまは手が込んでるなあと思いました。

久住:最初の放送からもう7年も経ってるからねえ。少しずつ手を加えて今の形になってきた。シーズン8の放送開始に合わせて、壹岐さんが執筆した『小説 孤独のグルメ 望郷篇』が出版されましたけど、そもそもどういう経緯で小説を出すことになったんでしたっけ。

壹岐:漫画連載が再開して以降の掲載誌だった週刊SPA!の元編集長に「小説篇を書いてくださいよ」と言われて。3〜4年前だったかな。でも、いつも酔っぱらってるときに言うから。酔ったときにノリでそういうこという編集っているじゃないですか。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 次へ

関連記事(外部サイト)