明日は天皇即位祝賀パレード。見どころとともに「天皇に親しみを感じる人が増えた理由」を小林よしのり氏が解説!

明日は天皇即位祝賀パレード。見どころとともに「天皇に親しみを感じる人が増えた理由」を小林よしのり氏が解説!

今年5月4日の皇居一般参賀の模様(撮影/扶桑社写真部)

明日、11月10日は天皇陛下の即位を記念するパレード「祝賀御列の儀」が行われる。周知の通り、このパレードは10月22日の「即位礼正殿の儀」のあとに行われる予定だったが、台風19号への対応が優先され延期されていた。

 天皇陛下の即位にまつわる儀式は5月1日の「剣璽等承継の儀」から始まり、11月14日から15日にかけて行われる「大嘗祭」、そして来年4月19日の「立皇嗣の礼」へと続いていく。

 NHKが5年ごとに行っている「『日本人の意識』調査」の2018年の最新版によれば、天皇に対して「尊敬の念をもっている」人は41%、「好感をもっている」人は36%。つまりは、合計77%の人々が天皇に親しみを感じている時代が到来しているということだ。だが、1988年の調査では「特に何とも感じていない」人が47%いた(2018年調査では22%)。この時代の変化を『天皇論』や『ゴーマニズム宣言 2nd Season』などの著作で、皇室や皇統問題に言及してきた漫画家の小林よしのり氏はこのように分析している。

「まず、4月1日からの『令和フィーバー』を振り返ると、今回ほど新元号がお祭り騒ぎで喜ばれ、そして新天皇の即位が注目されたことはないでしょう。これはやはり、上皇陛下の生前退位という思いが叶ったからこそです。このように上皇陛下は平成の時代に合った、ご自分なりのやり方で好意と尊敬を集めてこられました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)