恋愛禁止の規則を破ったマクドナルドCEOの解任に同情の余地はあるか?/鈴木涼美

恋愛禁止の規則を破ったマクドナルドCEOの解任に同情の余地はあるか?/鈴木涼美

恋愛禁止の規則を破ったマクドナルドCEOの解任に同情の余地はあるか?/鈴木涼美の画像

―[鈴木涼美の連載コラム「8cmヒールで踏みつけたい」]―

◆私がオジサンになったら/鈴木涼美

 恋愛禁止といえばかつて誰かが頭を丸刈りにしたり、地方の姉妹グループに異動させられたどこぞのアイドルグループのイメージが強い。一部では人権弾圧なんて言われていたけれど、私は彼女たちの名前や姉妹グループの名前をそんなニュースで初めて知ったし、同アイドルグループの無料宣伝活動に何より寄与していたのは紛れもない事実で、仕掛けとしては巧みだ。

 米マクドナルドのCEOが社員との合意のある関係を理由に解任されたというニュースによって、同社が管理職に対して直属の部下かどうかにかかわらず社員との恋愛を禁止しているという事実もおそらく日本では初めて大きく報道された。

 権力者からセクハラを受けた被害者が連帯して告発する運動は米国を中心に2年ほど前から男女関係に関する大きな潮流をつくり出し、約20年前にインターン生と不倫をした大統領を大まかに許容した同国は、離婚した独身CEOが合意の上で社員と恋に落ち関係を持った事実を否とした。

 処分を適当と考える、あるいは社内恋愛禁止の規定に賛同する声は、「合意」の曖昧さを論拠とする。要は社長に好きって言われたらキモくても断れなくない?という話。経営側としても、最初は前向きだった女性の気分が途中で変わることもあるし、後でミートゥーされるのは怖い。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)