“アマゾン効果”が招く不況。AIが価格と賃金を押し下げる

“アマゾン効果”が招く不況。AIが価格と賃金を押し下げる

世界経済に多大な影響を及ぼすECの巨人・アマゾン。各国で「アマゾン効果」が起きている(写真/AFP=時事)

◆価格決定アルゴリズムが不況を拡大させる!

 AIが普及すれば仕事が奪われるという議論は近年、各所で語られてきた。だが、最近では別の研究結果が出現し始めた。AIによって物価下落や賃金低下が起こるというのだ。いったい、どういうことなのか!?

◆「職が奪われる」前に社会が直面する格差拡大という難問

 今年、日本経済の最も大きなイシューはやはり消費増税だろう。庶民はアベノミクスの実感を得にくいなか、消費増税で生活は苦しくなりそうだが、さらにAI(人工知能)化が追い打ちをかける可能性が指摘されているのだ。経済評論家の加谷珪一氏は言う。

「消費増税そのものが経済成長を阻害するわけではないが、消費者の買い控えで、さらなる“不景気の引き金”になることは十分に想定できる話です」

 消費増税がデフレを招くことはたびたび指摘されてきた。企業の収益悪化が労働者の賃金および購買力の低下を招き、モノやサービスが売れなくなるため物価が下落。さらに企業収益を圧迫するという悪循環が進む。

「日本は人口減少で全体的な生産量が減っており、企業は製品やサービスの値段を上げないと利益を生むことができない。しかし値段を上げると売れない。そうした悪循環で経済がシュリンクするフェーズに突入している」(加谷氏)

 さらに、増税による買い控えが起これば、物価上昇が押しとどめられ、企業の収益や労働者の賃金も上がらない悪循環が強化される可能性がある。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)