ビジネスの世界に「万人受けは不要」歌舞伎町の女社長が語る

ビジネスの世界に「万人受けは不要」歌舞伎町の女社長が語る

ビジネスの世界に「万人受けは不要」歌舞伎町の女社長が語るの画像

―[歌舞伎町流「欲望のすヽめ」]―

 生き馬の目を抜くビジネスシーン、成功を収める人は何が違うのか。広島からキャバ嬢になるため、カバンひとつで上京。外資系IT企業を経て、2003年にキャバクラ「アップス」を起業。現在は年商10億円の同グループ代表を務める内野彩華さん。

 今回、「日刊SPA!」での連載をもとに、成功に至るまでの経緯と秘訣をまとめた新刊『成り上がる女の法則』(扶桑社)が発売。年商10億円規模のグループを率いる内野さんに、男が成り上がる秘訣を聞いた。

◆上京したら何者かになってやる

――連載をまとめて本にしようと思ったきっかけは?

内野彩華(以下、内野):もともと「日刊SPA!」で連載をはじめたときは全然違うテーマだったんです。「一流のビジネスマンの欲望力」みたいなテーマだったかと思います。ただ、2年間、連載を続けていくうちにいろいろなテーマの記事が溜まってきたので、「まとめて本にしませんか?」と提案をいただきました。

――書籍の「成り上がる」というテーマは?

内野:連載記事にも書かせていただきましたが僭越ながら、大好きな矢沢永吉さんの本『成り上がり』から拝借しました。うちの店の「アップス」という名前の由来も英語の「アップスタート」という言葉からとったもので、「成り上がり」「成金」という意味です。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)