2時間かけてどんな試験を解こうと英語を喋れるようにはならない/鈴木涼美

2時間かけてどんな試験を解こうと英語を喋れるようにはならない/鈴木涼美

2時間かけてどんな試験を解こうと英語を喋れるようにはならない/鈴木涼美の画像

―[鈴木涼美の連載コラム「8cmヒールで踏みつけたい」]―

英語民間試験の延期が決定した大学入学共通試験だが、記述問題が導入される国語と数学の試験で、問題と正答例が試験実施前に民間事業者に知らされる仕組みとなっていることが新たに発覚。野党4党は記述式試験中止法案を提出した。

◆世の中にたえて桜のなかりせば/鈴木涼美

 日本人の間違った知識ランキングのトップは、次点の「アジアは日本より貧しい」に近くまで迫られながらも、いまだに「外出しすれば妊娠しない」だと思うけど、三位くらいに長く安定して誤解されている「日本は学歴社会」というのがある。実際は日本は企業社会なのであって、三流大だろうがPh.D.持ってようが、大企業に入ってしまえば生きるのは楽だ。

 大体、どれだけ好奇心や知的体力があったところで一番後ろの人が終わるまで横並びで待たされるような日本の教育現場で「高学歴」なんていうのは「優秀」とか「頭いい」と同じくらい眉唾物。

 企業だってそんなものよりはコネとか顔とかリアリティのあるものが欲しいので、意外と一流大以外の学生が普通に入社試験を受けられるし、入社後の給料も一緒。学歴社会だ、と言いたがるのは、苦節を低能ではなく学歴のせいにしたい低学歴人と、子供にとって受験が一大事であるほど旨味がある人たちである。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)