00年前後に注目を集めた『殴られ屋』の新世代が登場 SNSで宣伝し動画配信も活用

00年前後に注目を集めた『殴られ屋』の新世代が登場 SNSで宣伝し動画配信も活用

記事まとめ

  • 00年前後に注目を集めた『殴られ屋』の系譜は生きており、新世代が存在するという
  • 殴られ屋のKENJI氏は毎日路上に立ったりせず、事前にSNSで告知して参加者を募るらしい
  • 参加者は一晩30人で、動画アプリでも配信し収益化を目指しているという

新世代の「殴られ屋」を直撃、路上のほかにSNS&動画配信でも稼ぐ

新世代の「殴られ屋」を直撃、路上のほかにSNS&動画配信でも稼ぐ

新世代の「殴られ屋」KENJI氏

人間ならば誰もが思い描く「働かずに収入を得たい」を、実現している人たちがいる。嫌なこともせず、ほとんど汗もかかず、スマートフォンを少し操作するだけで10万円以上の収入にする人も!? 会社勤めだけじゃない働き方、暇な時間や地味なスキルがお金に換わる、新時代の稼ぎ方を大研究!

◆時代とともに移り変わっていく「自分を売る」の歴史

 もともと趣味の延長やなんでもないスキルをカネに換えていたのは露天商。自作のアクセサリーや絵、即興で詩を書く人も一時期街じゅうにあふれていた。

 そうした流れは、’00年代以降ネット上に飛び火。投資やビジネスの有料メルマガが一気に増えたが、一方で薄っぺらい内容の自己体験をベースにした恋愛テクやギャンブル必勝法などの情報商材も氾濫した。

 やり方次第では簡単に稼げてしまい、それは動画サイトやスキルシェアサービス全盛の今も同じだ。だが、一方で冠婚葬祭の代理出席などの代行屋のような存在も価値のある仕事に。かつて’00年前後に注目を集めた“殴られ屋”もそのひとつ。今もその系譜は生きている。

SNSで宣伝&配信! 新世代「殴られ屋」

「20年前に歌舞伎町の路上で殴られ屋をしていた晴留屋明さんのことを本で知り、自分でもやってみようと思ったんです」

 そう語るのは、関西を拠点に殴られ屋をしているKENJI氏。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)