いまどき「総合職」入社は勝ち組なのか? 会社にとって都合良く扱われ…

いまどき「総合職」入社は勝ち組なのか? 会社にとって都合良く扱われ…

いまどき「総合職」入社は勝ち組なのか? 会社にとって都合良く扱われ…の画像

企業の中で働く社員といっても、正社員と契約社員、派遣社員など、ヒエラルキーがあることはすでに周知の事実。大企業や有名企業では、さらに正社員の中にも「格差」がある。一般的に出世コースと言われる「総合職」で入社できれば、その後は順風満帆……と思いきや、総合職ならではの悩みもあるらしい。

◆やりたいことがやれる技能職や契約社員が羨ましい

 都内の大手電機メーカーに勤務する永吉努さん(仮名・30代)は、慶應義塾大学の理系学部を卒業後、新卒「総合職」枠で採用された勝ち組の一人、だったのだが……。

「うちの新卒は総合職と技能職と二つの新卒採用枠があり、私は総合職で入社しました。総合の方が初任給が高く、社内での待遇も良い。入社当時は『君は総合か!』と上司からも一目置かれ、誇らしい気持ちでいっぱいでした」(永吉さん)

 同じ大学、同じ学部出身で同じ会社に入社した友人は、総合職ではなく技能職採用枠だった。給与も出世のスピードも違う。大学時代の成績でも「優」の数が友人よりも多かった。心から「勉強していてよかった」と喜んだ。しかし……。

「理系学部出身で、本当なら開発や製造に携わりたかったという当初の目的を忘れてしまっていたんです。この10年、私がしてきたことといえば総務部に人事部、海外ビジネス推進部などで事務作業ばかり。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)