2年で56kg減、ライザップCMに出演した料理研究家の低糖質レシピ

2年で56kg減、ライザップCMに出演した料理研究家の低糖質レシピ

鈴木沙織氏。太っていた頃は「性格は暗くて引っ込み思案。おしゃれも興味がなく、いつも同じような格好でした」

空前のブームのもと、さまざまな糖質制限のメソッドが存在。実際に痩せた人は何をしたのか。“成功者”の体験談を基に、明かしていく。

◆2年で56kg減、CM出演も果たした料理研究家の低糖質レシピ

 自炊による糖質制限で驚異の56s減を達成したツワモノがいる。社長秘書でヘルシー料理研究家の鈴木沙織氏だ。

「子どもの頃からポッチャリ体形でしたが、社会人になりストレスで暴食。営業職だったので仕事中も車の中で食べまくっていたら体重は97sに。試着したワンピースが脱げなくなってしまい、そのまま買って帰った恥ずかしい思い出もあります」

 28歳の健康診断では、医師から「若死にする」と警告を受け、一念発起して糖質制限を開始。

「一日の糖質量100gを目安にした糖質制限で、2年間かけて74sまで落としました。でも自己流では徐々に行き詰まり、運動も取り入れようとライザップに入会したんです」

 そこでは糖質制限に加え、カロリーや栄養の指導を受けた。

「糖質制限では糖質以外はいくら食べてもいいと言われているものの、カロリーオーバーは避けたい。糖質量は50gを目安に、摂取カロリーは『基礎代謝以上、消費カロリー以下』の1500〜2000kcal以内でコントロールしました」

 また行き着いたのは糖質制限と脂質制限を交互に行う「ハイブリッド型」だという。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)