自衛隊員「雑魚寝」問題に光――補正予算でベッド9900個購入へ!

自衛隊員「雑魚寝」問題に光――補正予算でベッド9900個購入へ!

2018年4月28日の本連載より。災害派遣で疲れ切った自衛官が「寒い夜にひと時の休息をとっている」時の画像

―[自衛隊ができない100のこと/小笠原理恵]―

その75 災害派遣時用の用具入れと簡易ベッド導入という成果

◆災害派遣された自衛隊員は劣悪な環境下「雑魚寝」で夜を過ごす

 本連載「自衛隊ができない100のこと」ではさまざまな問題を取り上げてまいりました。「自衛隊トイレットペーパー『自腹』問題」は数回にわたる大規模なアンケート調査もあり、補正予算がついてどこの基地でもトイレットペーパーがないところはないというごく普通の職場環境に変わりつつあります。

 さて、年の初めに「希望」を感じる話をお届けしたいと思います。

 この連載で自衛隊の待遇問題を提起するとともに、協力的な議員の先生方を通じて自民党の防衛部会等で問題を取り上げていただいています。この日刊SPA!の連載を「愛読しています」と言ってくれる国会議員の先生方がいらっしゃることにびっくりしていますが、実際にこの記事が自衛隊の待遇改善の糸口になることもあるようです。

▼令和元年12月10日「日本の未来を考える勉強会」−医療の自給自足と安全保障− 講師:国防ジャーナリスト・「自衛官守る会」会長 小笠原 理恵氏/日本の未来を考える勉強会

 昨年の12月10日に衆議院第一議員会館で私が主宰する自衛官守る会の「第2回自衛官の待遇改善を考える会」が開催されました。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)