青汁王子・三崎優太が100万円をあえて“クズな人”にあげた理由

青汁王子・三崎優太が100万円をあえて“クズな人”にあげた理由

三崎優太氏

18歳で起業、20代で年商130億円の会社をつくり上げて「青汁王子」として名を馳せた三崎優太氏。しかし’19年、1億8000万円の脱税容疑で有罪判決を受け、会社も手放すことに。その後、焼き鳥屋のバイトやホストクラブ勤務に身をやつすかのように見えたが同年9月6日、100万円を180人に「贖罪」としてばらまくという「青汁劇場」をネットメディアで展開、話題を呼んだ。

 そんな三崎氏を直撃し「100万円をあげたい人とあげたくない人の基準」を聞いてみた。

◆配ったうちの1割はあえてクズな人を選びました

「まず、あげたうちの9割は『日本や社会のため、たくさんの人を笑顔にするような夢の実現のため』に100万円を使ってくれる人。そして残り1割は、あえて『社会のクズ』に配布しました」

 三崎氏の言う「クズ」とはいかなるものか?

「例えばギャンブルに全財産を使って学費が払えなくなってしまったような、どうしようもない人です(笑)。でもそういう人ってある意味で欲望に正直だから、もしかしたら100万円で立ち直れるかもしれない。一度転落した自分だからこそ、チャンスを与えたいなと思ったんです」

 さすが、非凡さを感じさせる。逆に、配りたくないと感じたのはどんな人だったのか。

「他人頼みな考え方の人ですね。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)