金メダル弁も!2020&令和最初の駅弁大会は「カニづくし」でスタート

金メダル弁も!2020&令和最初の駅弁大会は「カニづくし」でスタート

カニ弁3種を大人買い!

1月の風物詩「第55回元祖有名駅弁と全国うまいもの大会」が8日、東京・新宿の京王百貨店で始まった。全国43の都道府県(今年は埼玉、徳島、山口、沖縄を除く)から約300の駅弁が集まる全国最大の駅弁大会だ。

 1966年(昭和41年)から半世紀以上続くこの大会はいまや売り上げが6億円超、いまや30万食を販売する、フードフェスブームの先鞭をつけたモンスターイベントだ。いまや“駅弁の甲子園”と呼ばれ、全国にその名を轟かせており、この駅弁大会にあわせて各地の調整元が新作をお披露目する「ハレの場」となっている。

 55回目の今回も、“対決モノ”が用意されている。今回の目玉は「5種のカニ駅弁対決!」と題し、新作のカニ駅弁から老舗のかにめしまで、「今夏のスポーツ大会にちなみ」(パンフレットより抜粋)5種類がラインナップ。5種のカニ駅弁を集めた大会は第41回大会(2006年)以来で、当時はエントリーした5種すべてが実演売り上げ販売個数「ベスト10」に入ったといういわば”鉄板対決”だ。

 その他毎年大人気の牛肉弁当での「新作牛肉対決!」、”金メダル”を彷彿させる「黄金の駅弁対決!」など、店内で配布されている折込チラシ(公式サイトでDL可能)を見るだけで垂涎のイベントとなっている。

 また、前回の五輪そして、京王百貨店新宿店が開店した1964年の販売当時の味と掛け紙を再現した「復刻駅弁」コーナー、毎年大人気の、懐かしの特急列車のヘッドマークをあしらった駅弁特集などがあり、最古参かつ最大の駅弁大会のプライドを感じさせる。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)