大学中退を後悔する契約社員、男性34歳へのアドバイスは?

大学中退を後悔する契約社員、男性34歳へのアドバイスは?

※写真はイメージです

―[インテリジェンス人生相談]―

“外務省のラスプーチン”と呼ばれた諜報のプロ・佐藤優が、その経験をもとに、読者の悩みに答える!

◆15年前に人生の困難から逃げたことを後悔し続けている
★相談者★匿名希望 契約社員 男性 34歳

 人生の困難から逃げたことを後悔しています。すでに15年以上前の学生時代のことですが、学内の人間関係でトラブルを抱え、私を毛嫌いする人たちに弱みを握られてしまいました。

 その結果、学校へ通学することが怖くなり、留年を繰り返した揚げ句に結局退学に至りました。最近になり、自分の苦しみから逃げたという事実が心の中に突き刺さり、自分の人生が止まってしまったような感情に襲われます。

 また逃げたことで周囲の人々に迷惑をかけることになってしまいました(両親への経済的な負担、周囲の人々へのごまかしや嘘など)。

 どうすれば、この苦しみから解き放たれることができるでしょうか。また、どうすれば人生の困難から逃げずに立ち向かう勇気をもつことができるでしょうか。アドバイスをお願い致します。

◆佐藤優の回答

 人生にはいろいろなことがあります。山もあれば、谷もあります。私は小学校6年生のときに大病(肝臓病)にかかり、2学期をほとんど休みました。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)