iPhoneでも使われる、日本の「おサイフケータイ」技術がスゴい

iPhoneでも使われる、日本の「おサイフケータイ」技術がスゴい

※画像はイメージです(以下同)

2000年代の日本は、「ケータイ文化」が見事に花開いていた。カメラ、音楽プレーヤー、高画質の液晶画面等、海外の携帯電話メーカーが到底実現できないような新機能を日本メーカーは躊躇なく詰め込んだ。これは技術力の賜物でもある。

 中でも「おサイフケータイ」は革新的な機能だった。携帯電話がクレジットカード代わりになるのだ。このおサイフケータイの実現に一役買ったのは、ソニーの開発した『FeliCa』である。かんたんに言えば、駅の改札でSuicaをピッとタッチしたり、コンビニのレジで電子マネーを使ったり、という支払いの技術だ。

 スマートフォンが普及した現在、日本のモバイル決済事情を語る上でこのFeliCaは引き続き重要なカギを握っている。

◆FeliCaは日本独自のスピーディーな「タッチして支払い」端末

 近距離無線通信規格NFCは、複数種類存在する。巷では「ICチップ」と呼ばれているNFCだが、これをカードやスマホに組み込むことで「タッチして支払い」が可能になる。交通系ICカードに内蔵されているのもNFCだ。

 ただし、日本の場合はこの分野でもガラパゴス現象が起きている。世界の主流のNFCは、タイプAとタイプB。一方でおサイフケータイや交通系ICカードを含めた日本のNFCは、タイプFが大きなシェアを確保している。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)