NGT48再出発。そのとき現場は…

NGT48再出発。そのとき現場は…

NGT48再出発。そのとき現場は…の画像

NGT48が1月18日、東京・東京ドームシティホールで、「NGT48選抜コンサート〜TDC 選抜、合宿にて決定。初めての経験〜」を開催した。2019年、忘れられない時を過ごしたグループにとって、実に1年9カ月ぶりの単独コンサート。メンバーたちはどのような思いでステージに立ち、どのような再出発を遂げたのか。

 客席を見渡すと、オレンジ色のTシャツを着たファンがやや目立つ。荻野由佳の生誕Tシャツだ。続いて本間日陽推しと思われる、黄色いTシャツのファンたち。ピンクで着飾った少女は、中井りか推しだろう。「りかちゃん」と書かれた大きなうちわを手に、開演を待っていた。キャプテン角ゆりあの影アナウンスに、待ちわびていたファンは大歓声で応え、しばらくして暗転を迎えた。

 しかし、定番の『overture』が流れない。巨大なスクリーンに映し出されたのは、少女たちの真剣な眼差し、先生の厳しい指摘に浮かべる困惑の表情、そして涙。人気やキャリアに関係なく、「現在の実力」だけを判断材料に行われた、オーディションの様子だった。選ばれた16人は合宿でさらにしごかれ、この日を迎えた。

 真っ暗な客席では、観客がかたずをのんで物語の行方を見守った。映画館ではない。2000人を飲み込んだ、NGT48のコンサート会場だ。開演から約15分、ライブの導入にしては異例の長さのドキュメンタリー映像。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)