内臓脂肪を減らす5つの習慣。運動せずに25kgやせた医師の日常ダイエット

内臓脂肪を減らす5つの習慣。運動せずに25kgやせた医師の日常ダイエット

内臓脂肪を減らす5つの習慣。運動せずに25kgやせた医師の日常ダイエットの画像

中年になると、なぜかお腹にでっぷりと脂肪がつく男性が多い。脂肪には、皮膚のすぐ下につく皮下脂肪と、内臓周りにつく内臓脂肪があるが、男性は内臓脂肪が付きやすいとされる。

 そこで、数々の健康番組や書籍でダイエット法を指南する工藤孝文医師に、体脂肪を減らす方法を聞いた。工藤医師自身、10か月で25キロのダイエットに成功して、今もキープしているという(勤務医時代に92キロ→現在67キロ)。
 無理な食事制限&ハードな運動一切ナシのダイエット術、前回の「食事のコツ10」に続き、今回は「5つの日常習慣」を紹介する。(以下、工藤孝文医師が監修)。

◆内臓脂肪を減らす5つの日常習慣

 内蔵脂肪とは、お腹の中の空間内、腸の周りについた中性脂肪のこと。内臓脂肪は「つきやすいが落としやすい」のが特徴で、エネルギーを消費するときに皮下脂肪より先に内臓脂肪が落ちることがわかっている。
 そして、無理してトレーニングしなくても、毎日の生活でエネルギーを使い代謝を上げるダイエットのほうが長続きするのだ。

1)毎日体重計に乗る

 毎日、できれば4回(起床直後、朝食後、夕食後、就寝直前)、難しいようなら、起床直後の1回でいいので体重計に乗る。記録をつけていくと自分が太るパターンが見えてくるので、そのパターンを避けるだけで現状維持ができる。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)