AI化で失業するのは年収300万〜800万円の中年サラリーマンが一番危ない

AI化で失業するのは年収300万〜800万円の中年サラリーマンが一番危ない

AI化で失業するのは年収300万〜800万円の中年サラリーマンが一番危ないの画像

早期退職者募集が6年ぶりに1万人を超えるなど、過酷さを増す50代。会社からはお荷物扱いされ、妻からは熟年離婚を切り出され……そんな「50代の試練」に直面する先輩たちから、“憂鬱な50代”にならないための生き方を学び取る!

◆50代で飛躍した2人の先人が、40代でやっておくべきことを伝授

 10年後に憂鬱な50代にならないために、これから40代はどう生きるべきなのか。その最適解を探るため、52歳で自身のライフワークを発見した教育改革実践家の藤原和博氏と、54歳でトヨタ自動車を退社し独立した高田敦史氏による対談が実現した。両氏に、10年後の未来予測から40代サラリーマンの生き方について聞いた。

◆40代はどう50代を迎えるべきか?

藤原:これからの10年を先読みすると、40代会社員にとってもっとも脅威なのはAIやロボットでしょう。私は、中間層が抜け落ち、サラリーマンは「コモディティ会社員」と「レアカード仕事人」に分断されるとにらんでいます。「コモディティ会社員」とは、頭を使わないマニュアルワークが主な仕事で年収300万円前後。一方、社会に付加価値を提供する「レアカード仕事人」は年収800万円以上。その中間はAIによって代替されます。

高田:中年サラリーマンにも超格差の波が到来するわけですね。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)