日本でも“初”の感染者が!「新型コロナウイルス」の本当の恐さ

日本でも“初”の感染者が!「新型コロナウイルス」の本当の恐さ

新型のコロナウイルスが原因とみられる肺炎などへの対策のため、機器で入国者の体温を測定する成田空港の検疫所

中国・湖北省武漢市にある華南海鮮市場が“発生源”とされる「新型コロナウイルス」が猛威を振るっている。1月20日現在、武漢市の衛生当局が発表した最新の感染被害は、発症者198人、うち死亡者3人。現地報道によると北京市や広東省にも広がっており、国外でもすでに2人の感染が報告されているタイをはじめ、香港、シンガポール、台湾……などでも感染の疑いのある事例が相次いでいるが、日本でも先週「初」の感染者が確認された。

 厚労省によると、感染したのは神奈川県に住む中国籍の30代男性で、武漢市に滞在していた今月3日から発熱し、6日に日本へ帰国。男性が移動の際に解熱剤を使用していたため、空港のサーモグラフィが感知せず検疫所をすり抜けたと見られている。男性は帰国後すぐに医療機関を受診したものの、病状が改善しなかったため10日に入院。14日に保健所に報告があり、翌15日に遺伝子検査により感染が確認されたという……。

 男性はすでに回復し退院したとされるが、「新型コロナウイルス」と聞いて思い出されるのは、2002年に中国・広東省を皮切りにアウトブレイクし774人の死者を出したSARS(重症急性呼吸器症候群)や、2012年にサウジアラビアなどで発生し850人が犠牲となったMERS(中東呼吸器症候群)だ。

「ヒトからヒトに感染した明確な証拠はない。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)