東京五輪で金メダル最有力候補!? 22歳のクライミング選手・野中生萌を直撃した

東京五輪で金メダル最有力候補!? 22歳のクライミング選手・野中生萌を直撃した

東京五輪で金メダル最有力候補!? 22歳のクライミング選手・野中生萌を直撃したの画像

今夏、東京オリンピックで新種目として開催されるスポーツクライミング。日本は「ボルダリング大国」と呼ばれ、メダルを期待されている。そんな期待を高めた立役者の一人が、野中生萌(みほう)だ。

’18年はIFSCクライミングワールドカップのボルダリング部門で年間女王に。’19年は両肩のケガに悩まされながらも、11月のチャイナオープンで金メダルを獲得。この大会の後、彼女は自ら考案した外岩を登るクライミング大会RedBull Asura(以下、Asura)に出場。熊野の山奥で自身にとってのクライミングを語った。

◆東京オリンピックに挑むクライミングの若き女王

――山の中は清々しくて気持ちがいいですね。Asuraの会見で「外岩はクライミングの原点」と話していました。どういう意味でしょう?

野中:もともとクライミングの始まりが、こういうところだからです。人が岩を登って、始まったスポーツ。子供の頃、ジャングルジムや木登りで遊んだ原体験に返るような。外岩を登ると「あ、楽しい!」っていう感情が自然に湧き出るんですよ。

――アウトドア好きの家族で、両親と2人の姉と一緒に9歳からクライミングを始めたんですよね。

野中:はい、父が趣味で山登りをしていて、そのトレーニングの一環として家族で始めました。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)