字が下手な人必見!祝儀袋の字をキレイに書くための無料アプリ

字が下手な人必見!祝儀袋の字をキレイに書くための無料アプリ

紙を載せて、筆ペンでなぞる

―[デジタル四方山話]―

 結婚式などで渡す祝儀袋は、自分の名前や入れた金額を筆ペンやマジックで記入するのが普通。仕事関係なら、会社名を書くこともある。しかし字が下手な人の場合、自分で書かなくてはいけない祝儀袋は悩みの種だ。字が下手なだけならともかく、斜めになったり、大きさが変わっていたりすると、書き直ししなくてはいけなくなる。ご祝儀袋には、失敗したときに備えて、短冊を2枚同梱してるものもあるが、それで足りなくなることもあるだろう。

 とはいえ、字を書くのが下手だからと言って、プリンターで印字するのは避けたいところ。ラベルプリンターのシールを貼るのはさらにNGだ。急に字をキレイに書くコツ、といったサイトを見て練習を始めても、時間が足りなさすぎる。

 そんな時にオススメのアプリがある。「透かして清書」を使えば、キレイな字を書くことができるのだ。

 アプリを起動したら「字」をタップ。名前を入力し、「完了」をタップする。続けて、左下の「A」アイコンをタップし、フォントを選択する。よく使うフォントに加え、ポップな事態も収録されている。祝儀には向かないが、何らかの用途でポップな字を書きたいときに利用しよう。

 ピンチ操作で文字を実物大に拡大・縮小すれば準備完了。筆のアイコンをトリプルタップすると、余計なアイコンが消え、画面の明るさが最大になって描画モードになる。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)