横浜家系ラーメンのご飯無料サービス、お店側の本音は?

横浜家系ラーメンのご飯無料サービス、お店側の本音は?

ライス無料の店が多い横浜家系ラーメン。写真は「八家」の貼り紙

ズズズッとコシのある中太麺をすする音が隣席から漏れ、食欲がそそられる。濃厚な豚骨醤油のスープと絡めて食べる「横浜家系ラーメン」だ。他のジャンルと比べ、家系では「ご飯食べ放題」「ランチタイムはライス無料提供」のサービスが目立つ。

 横浜家系ラーメンの店では、一体なぜご飯を無料提供しているのだろうか。実施店舗を訪ね聞いてみた。

◆横浜家系ラーメンには、なぜご飯が無料で付くのか?

 相鉄線の和田町駅下車後、南口の商店街を抜け国道16号沿いに出ると、「八家」と書かれた赤い看板が目に飛び込んできた。ラーメンを極め32年の庭山哲店長(67)の経歴を紹介するポスターが、店の入り口に貼られている。家系ラーメン発祥の店「吉村家」で11年厨房に立ち、元祖の味を受け継ぐ1人だ。

 チャーシュー麺(850円)を注文すると、サービスの半ライス(130グラム)が付いてきた。麺をすすりながら、広報で息子の道開さん(23)からオススメの食べ方を聞く。スープ、胡椒、ピリ辛調味料、ごまを和えた「まぜご飯」を勧められた。実践してみると、箸が止まらない。分厚く切られたチャーシューとスープに浸した海苔も米に乗せてみる。これまた旨い。一心不乱に白飯をかきこんだ。

◆八家:苦学生を腹一杯にさせたい

 開業当初から、終日半ライスの提供を続けている八家。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)