春の選抜高校野球の出場校がいよいよ決定、過去には“謎選考”も多く…

春の選抜高校野球の出場校がいよいよ決定、過去には“謎選考”も多く…

写真はイメージです(以下同じ)

1月24日、いよいよこの3月に開幕する、第92回春の選抜高校野球に出場する32校が決定する。当落線上にあるチームの選手や監督、関係者は今からドキドキしていることだろう。その一方で、選出確実とみられている高校も油断は禁物。過去には“絶対に選ばれる”と思われながら落選し、逆に“この戦績でなんで選ばれたの?”という、高校野球ファンにとっては頭の中が???だらけになる“謎選考”も少なくないからだ。

 そこで今回は過去の謎選考を、大の高校野球ファンである筆者の主観による衝撃度でランキングを作成。ベスト10形式で発表していきたい。まずは第10位〜第6位まで。

◆第10位 どっちの投手起用が正解? ブレすぎの選考理由でまさかの落選

2013年秋の東京都大会決勝戦 関東一7-6二松学舎大付(延長10回)準決勝 関東一4-0東海大高輪台 二松学舎大付9-3日大三

2014秋の東京都大会決勝戦 東海大菅生3-2二松学舎大付 準決勝 東海大菅生 4-1 法政大高 二松学舎大付6-5関東一

2015年秋の東京都大会 決勝戦 関東一4-3二松学舎大付 準決勝 二松学舎大付10-1東海大高輪台 関東一8-1帝京

 上記の通り、3年連続決勝戦で勝負弱さを露呈したニ松学舎大付属が今回の主役。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)