「ドラッグストアで医薬品購入したレシート」で節税可 元東京国税局職員が解説

「ドラッグストアで医薬品購入したレシート」で節税可 元東京国税局職員が解説

記事まとめ

  • 『セルフメディケーション税制』でドラッグストアで購入した薬の費用も控除対象になる
  • セルフメディケーション税制の仕組みや注意点について、元東京国税局職員が解説する
  • ドラッグストアなどで特定の医薬品を年間1万2000円以上購入すれば控除を利用可能に

「ドラッグストアのレシート」で節税できる。元国税職員が解説

まず注意すべきは、「健康の維持増進及び疾病の予防への取組として一定の取組を行う個人」でなければセルフメディケーション税制を利用できないという点です。

 難しい言い回しですが、要するに、次に挙げたいずれかの健康診断などを受けている必要があります。

1 特定健康診査(メタボ健診)または特定保健指導
2 予防接種(定期接種、インフルエンザの予防接種)
3 勤務先で実施する定期健康診断(事業主検診)
4 保険者(健康保険組合、市区町村国保等)が実施する健康診査(人間ドック、各種健(検)診等)
5 市町村が健康増進事業として実施するがん検診
6 市区町村が健康増進事業として実施する健康診査(生活保護受給者等を対象とする健康診査)

 一般的に3に該当する方が多いと考えられますが、フリーランスなど、勤務先の健康診断を受けられない方は、インフルエンザの予防接種などを受けて、条件を満たすようにしてください。そして、健康診断の結果通知書や予防接種の領収書などを証明書類として確定申告の際に提出・提示する必要があります。

 また、セルフメディケーション税制を利用するには、スイッチOTC医薬品を購入した際のレシートを保存しておかなくてはなりません。レシートは原本で保存する必要があり、インターネットから購入した場合、注文履歴の印刷では認められず、領収書を保存すべきという点も注意しましょう。

関連記事(外部サイト)