「ドラッグストアで医薬品購入したレシート」で節税可 元東京国税局職員が解説

「ドラッグストアで医薬品購入したレシート」で節税可 元東京国税局職員が解説

記事まとめ

  • 『セルフメディケーション税制』でドラッグストアで購入した薬の費用も控除対象になる
  • セルフメディケーション税制の仕組みや注意点について、元東京国税局職員が解説する
  • ドラッグストアなどで特定の医薬品を年間1万2000円以上購入すれば控除を利用可能に

「ドラッグストアのレシート」で節税できる。元国税職員が解説



 最後に「通常の医療費控除とセルフメディケーション税制の両方の条件を満たす場合、どちらを選ぶべきか」という点について触れておきます。

 前述のとおり、セルフメディケーション税制のほうが通常の医療費控除よりもハードルは低いのですが、どちらも使える場合は、控除額の大きなほうを選んだほうが有利。その意味で覚えておきたいのが、セルフメディケーション税制の上限額は8万8000円であるのに対し、医療費控除の上限額は200万円ということです。

 つまり、大きな病気や怪我をせず、ドラッグストアだけで済んだ年はセルフメディケーション税制を使い、入院など多額の医療費がかかった年には通常の医療費控除を使うといった考えが合理的です。まずは1月1日から12月31日までの1年間に支払ったドラッグストアのレシートや医療費の領収書を集計して、どちらの控除を利用するべきかを比較してみましょう。

前へ 1 2 3 4

関連記事(外部サイト)