「日本は財政破綻する」はウソ…国のB/Sを用いて解説

「日本は財政破綻する」はウソ…国のB/Sを用いて解説

「日本は財政破綻する」はウソ…国のB/Sを用いて解説の画像

―[あの企業の意外なミライ]―

<日本経済はヤバい><大借金大国、ニッポン><先進国の中で、日本だけが取り残されている>

 そんな見出しや、タイトルを冠した書籍を目にしたことはないでしょうか。もっと事実ベースで言えば、日本経済は、アメリカ、中国にGDPで遅れをとり、1300兆円の負債を抱える大借金国。このままいけば、ギリシャのように破綻する…。メディアでは、そんな危機を煽る文言が飛び交っています。

 危機を煽られれば、私たちは当然怯えます。このまま日本にいていいの? 国外脱出しかないのでは?今回は、そんな「日本ヤバい論」が本当なのか、データを読み解きながら3分程度で解説していきましょう。

 結論を急げば、「日本ヤバい論」は間違っています。むしろ、日本は世界で一番のお金持ちなのです。

◆借金あっても、収入あれば大丈夫!

 さて、話をわかりやすくするために、便宜的に日本を一つの企業として捉えてみましょう。日本という企業は、いまどのくらいの力を持っているのでしょうか?

 現在の日本の借金は約1300兆円(※参考:日本銀行調査統計局より)。とはいえ、借金の総額だけをみても国の財政の健全度はわかりません。「資産」や「収入」が十分にあれば、破綻の心配はないのです。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)