「英国王室離脱」騒動は日本の皇室制度にも通じる問題

「英国王室離脱」騒動は日本の皇室制度にも通じる問題

「英国王室離脱」騒動は日本の皇室制度にも通じる問題の画像

◆エリザベス女王も頭を悩ます…

 1月18日、英国王室は、今春からヘンリー王子とメーガン妃夫妻は公務を担わず、「ロイヤル・ハイネス」(殿下・妃殿下)の称号を返上すると発表した。

「王室の主要メンバーから退き、イギリスと北米の間でバランスを取りながら暮らしたい」

 ヘンリー王子とメーガン妃の二人が1000万人を超えるフォロワーを抱える自身のインスタグラムで王室を離脱する意向を電撃発表してから2週間。国論を二分するほどの大論争に発展した若い二人の“ご乱心”は、エリザベス女王の裁可で一応の決着を見たようだ。

 春以降、ヘンリー王子は英連邦青年大使などの地位を失うが、王位継承順位は6位のままで、サセックス公爵・公爵夫人という呼称も維持されるという。今後、公的資金は受け取らず、二人が住む「フログモア・コテージ」の改修に使われた税金240万ポンド(約3億4300万円)も返還する見通しだが、二人に向けた批判の声は収まりそうにない。在英ジャーナリストの小林恭子氏が話す。

「『史上もっとも甘やかされたダダっ子たち』と切り捨てるメディアもあるが、英国市民が怒っているのは、ヘンリー王子夫妻が王室を離れることを女王サイドに事前に通知していなかったうえ、『王室の中心メンバーから退きたい』と説明していたにもかかわらず、その地位を放棄するわけではないからです。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)