日本企業はなぜ没落したのか。“チマチマ病”という悪弊/アマゾン元幹部に聞く

日本企業はなぜ没落したのか。“チマチマ病”という悪弊/アマゾン元幹部に聞く

日本企業はなぜ没落したのか。“チマチマ病”という悪弊/アマゾン元幹部に聞くの画像

日本企業はなぜこんなに凋落してしまったのだろうか?
 世界時価総額ランキングTOP20のうち、平成元年(1989年)には日本企業が14社も入っていたのに、令和元年(2019年)はなんと0社だ。
 現在の時価総額TOP20を占めるのはGAFA(グーグル、アップル、フェイスブック、アマゾン)などの米国IT企業や、アリババなどの中国IT企業である。

 これらの企業と日本企業を分けたものは一体、何なのか? アマゾンジャパン元経営会議メンバーで、『amazonの絶対思考』の著者である星健一さんに、話を聞いた。

◆決めない、挑戦しない、チマチマ病の正体

――星さんは2008年にアマゾンに入社され、10年間、アマゾンの急拡大を“中”で体感されたわけですが、やはり、日本企業と外資系企業は違いますか?

星健一氏(以下、星):日本企業と外資系企業、どちらが正しいというものではありませんし、私がお話できるのは、あくまで「アマゾン」との比較ですが、経営・経営層、人材のマネジメント、ビジネスモデルという部分で、やはり違いを感じます。
まず経営・経営層でいうと、求められるもの自体が違うのではないでしょうか。

――経営に求められるものとは?

星:日本企業の場合、一部のオーナー社長を除けば、内部昇進したサラリーマン社長が多いですよね。

1 2 3 4 5 6 7 8 次へ

関連記事(外部サイト)