街の床屋、1日の客数がほぼゼロの店も 続ける理由は「地元の方のため」など

街の床屋、1日の客数がほぼゼロの店も 続ける理由は「地元の方のため」など

記事まとめ

  • まったく客が入っていない床屋が、どう経営を成り立たせているのかを取材した
  • 杉並区にある創業50年のとある店は、1日の客数がほとんどゼロだという
  • それでも続ける理由は「本当にわずかですが、来てくださる地元の方のため」と語る

「街の床屋」はなぜ潰れない? 店主を尋ねてみると…

「街の床屋」はなぜ潰れない? 店主を尋ねてみると…

街の床屋さん、頑張ってください!

時代が変われば仕事も変わる。あんなに流行っていたものもあっという間に忘れ去られたり、あんなに街中にあったものもまったく見かけなくなったり、盛者必衰とはよく言ったもの。令和の時代、衰退の一途を辿っているのが「街の床屋さん」である。

 東京商工リサーチが発表した2019年「理容業・美容業倒産動向」調査では、理容業・美容業の倒産件数が1989年以降の30年間で最多となる119件。どの街にも一軒くらいある床屋だが、店内を覗いてみるとお客が入っていない様子をよく見かけ、厳しい現状が分かる。こうしたお店は、実際にどうやって経営を成り立たせているのか。筆者自宅近くの杉並区にある、古びた床屋さんに話を聞いてみた。

◆全盛期は1日20人もの客。現在は……

 駅から徒歩4分という好立地にその店はある。よく言えばレトロだが寸法通りにいうと古びた建物で、青山や表参道の美容室と違って中が見えない。窓には「TRENDY HAIR」と、時代の止まったキャッチコピーが掲げられていた。

 特に予約をせず飛び込みで来店してみると、50がらみの店主は「まさか」といったような驚いた表情で立ち上がり、イヤホンを外した(ラジオか何か聞いていたようだ)。

 散髪をしてもらいながら、お話を聞く。

――ここは創業何年くらいですか?

店主:50年とちょっとになると思います。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)