指原莉乃とのコラボが夢。HKT48・森保まどかがピアノに掛ける思い

指原莉乃とのコラボが夢。HKT48・森保まどかがピアノに掛ける思い

指原莉乃とのコラボが夢。HKT48・森保まどかがピアノに掛ける思いの画像

アイドルグループ・HKT48の森保まどかが1月29日、松任谷正隆ら豪華プロデューサー陣が制作するピアノアルバム「私の中の私」をリリースした。ショパン楽曲のEDMアレンジや、“音大受験レベル”難易度の速弾きなど、さまざまな楽曲に挑戦した彼女に、アルバム制作を通して気づいた自分の新しい一面について、話を聞いた。

──まず過去のピアノ経験についてお聞きします。いつから習い始めたんですか?

 6歳から習い始めて、14歳でHKT48に入るまで続けていました。当時は毎日のように6時間くらい練習して、毎年多いときは10を超えるコンクールに出場してたんです。コンクールによって難易度が違うので、「PIARAピアノコンクール」では全国大会での賞を穫ったり、「ピティナ・ピアノコンペティション」では、全国大会に行くのを目標に頑張っていました。

──当時は、将来ピアニストになりたいと思ってました?

 全国大会で一緒になる人達がすごすぎるのに、そのなかでもプロになるのは一握り。そんな状況を目の当たりにしたので、全然考えたことなかったです。

 ずっとお世話になっていたピアノの先生が、今はもう亡くなってしまったんですが、「大きくなってもピアノを続ける子がいなくてさみしい」ってよく言ってたんですよ。だからテレビやライブでたまにピアノを弾く機会があって今回CDを出すことができて、少しは先生孝行ができたかなって嬉しく思います。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)