3年使った変わり種ロレックス「ミルガウス」を6店舗で査定。値上がった?

3年使った変わり種ロレックス「ミルガウス」を6店舗で査定。値上がった?

著書『もう新品は買うな!』の印税で購入したロレックスミルガウス116400黒文字盤

―[腕時計投資家・斉藤由貴生]―

 腕時計投資家の斉藤由貴生です。

 3年ほど前、私は著書『もう新品は買うな!』の印税で高級腕時計を購入しました。その際選んだのは、ロレックスのミルガウスというモデル。私が買ったのは、116400という型番の黒文字盤ですが、3年前でも今でも、それほど目立ったモデルとは言えない存在感です。

 なぜ私がそんな微妙な選択をしたのかというと、「あえて難易度の高い買い方をしたい」と思ったからです。せっかく本の印税で買うわけですから、腕時計ファンから見て「よくそれを選ぶな」という選択をしたほうが面白みがあるでしょう。

 また、“人気モデルではない”ということから、ミルガウスの値動きは他のモデルと比べて地味。そのため、「買って⇒使って⇒高く売る」という難易度は高めです。ですから、腕時計投資家としてミルガウスを買うということは、芸があると思ったのです。

 実際、私が買ったミルガウスは、購入してからしばらくの間、ほとんど値動きせず、1年後の段階でも大きく価格は変わりませんでした。もしも私がミルガウスではなく、人気の高いGMTマスター2などを買っていたならば、購入後1年ぐらいで20万円程度の上昇となっていたわけです。

 しかし、ミルガウスを買った私には2つのシナリオがあったのです。

1 2 3 4 5 6 次へ

関連記事(外部サイト)