ノートPCの選び方。ライトユーザーこそ高スペックがオススメの理由

ノートPCの選び方。ライトユーザーこそ高スペックがオススメの理由

※画像はイメージです(以下同)

「新しいノートPCを買おう」。そう考えたときに、何を基準に選ぶべきか。最先端のIT企業で働く会社員ほどにはバリバリ使わないし、使いこなせない。ブラインドタッチができない、というほどでもないが、たまにWordやExcelを触る程度。熟練度で言えば中の下、下の上。つまり、初心者〜平均的なレベルのユーザーに対応するノートPCを探している――。

 実際問題、そのような悩みを抱えている人は少なくないはずだ。そこで今回は「ライトユーザー向けのノートPCの選び方」(※Windows OSのノートPCの場合)について考察していきたい。

◆CPUにも「世代」がある

 ノート、デスクトップに関わらずPC選びでまず基準になるのがCPUだ。CPUと聞いて大抵の人はIntelのCore iシリーズを連想するはずだが、このCore iはほぼ1年毎に新世代を発表している。

 2008年に生産が開始された第1世代アーキテクチャ「Nehalem」と第8世代「Coffee Lake」は、当然ながらパフォーマンスがまったく異なる。ブランド名こそ同じ「Core i7」とあっても、本体に貼られているシールに「8th Gen」と書かれていればそれは第8世代。

 なぜこのような説明から入るかというと、「CPUの世代」を頭に入れておかなければPC購入に失敗してしまうこともあるからだ。

1 2 3 4 5 次へ

関連記事(外部サイト)