映画監督・中村真夕「本当の愛国者とはどういう人か知りたくて、鈴木邦男さんを撮った」

映画監督・中村真夕「本当の愛国者とはどういう人か知りたくて、鈴木邦男さんを撮った」

自宅のみやま荘で取材に答える鈴木氏

新右翼団体・一水会の元代表で、新右翼の教祖と呼ばれた鈴木邦男氏。一貫して愛国主義を貫きながらも排外主義的な右翼とは一線を画し、左右にこだわらない政治活動を続けてきた。『SPA!』では94年10月から01年6月までの7年8か月にわたりコラム「夕刻のコペルニクス」を連載し、赤報隊事件や新右翼スパイ粛清事件にまつわる衝撃の“事実”を発表して、大きな反響を呼んだ。現在もアグレッシブに活動を続けている鈴木氏だが、彼の活動を追ったドキュメンタリー映画『愛国者に気をつけろ!鈴木邦男』が現在公開中だ。なぜ、いま、鈴木邦男を撮ろうと思ったのか? 中村真夕監督に訊いた。

◆60年代、70年代を疾走していた人たちを記録しておかなければ、この時代が忘れられてしまう

――鈴木さんは、監督の父親である詩人・正津勉さんともお知り合いですよね。

中村:父が日本ジャーナリスト専門学校で講師をしていたとき、鈴木さんも教えていたんです。それで、私も面識はありましたし、何となく、どんな方かもわかっていました。それが、5年前、『ナオトひとりっきり』(福島第一原子力発電所の事故後、置き去りにされた動物たちの世話をし続けた松村直登さんを追った中村監督によるドキュメンタリー作品)の上映トークショーにゲストとして登場していただいて、そこから親しくなっていったんです。

――それで、なぜ鈴木さんのドキュメンタリー映画を撮ろうと思ったんでしょうか?

中村:12年に、若松孝二監督が交通事故で急死されました。

1 2 3 4 5 6 7 次へ

関連記事(外部サイト)