子どもにスマホ、何歳から持たせる?/ひろゆき

子どもにスマホ、何歳から持たせる?/ひろゆき

子どもにスマホ、何歳から持たせる?/ひろゆきの画像

―[ひろゆき連載コラム「僕が親ならこうするね」]―

◆「何歳から子供にスマホを持たせる?」の問い。僕ならこう答えます

 子供がインターネットに触れる、というと真っ先にスマホを連想する人は多いと思います。

 最近だと、香川県が「子供のゲームやネットの利用時間を制限する」という条例を検討中だと話題ですが、小学生だけでなく高校生まで対象だそうです。香川県の子供は可哀想ですね。別にゲームやネットができないからではなく、科学的根拠のないことを思い込みで強制してもいいと考える大人が多数派の地域に住んでいるという意味で可哀想だと思うのです。

 そもそも「ゲームとは何か?」というと、定義は難しいです。例えば、「脳トレ」という頭の体操的なゲームや、幼児向けのモノの名前や色を覚えるようなスマホアプリは、ゲームなのかというのは疑問です。僕はブラインド・タッチを『北斗の拳』のタイピングゲームで覚えたのですが、こうやってゲームを活用することで効率よく学習や作業をするのは世界中で進んでいる分野だったりします。「NIKE+」というランニング管理アプリも、継続的なランニングを達成すると「称号」をもらえたりするような仕掛けがあります。

 そういった世の中の流れを知ったうえでゲームを制限するならまだしも、ただ単純に頭の固い人たちが「ゲーム脳」みたいな科学的根拠のないデマを信じて、未成年の行動を制限してしまうわけです。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)