「中国人客減った」都内ホテルマンの証言

「中国人客減った」都内ホテルマンの証言

※画像はイメージです(以下同)

中国・湖北省武漢市が発生源とされている新型コロナウイルスの感染拡大が続く中国では、患者の数が2万人を突破。死者は425人にのぼるという。その数は、2003年に猛威をふるった重症急性呼吸器症候群(SARS)を上回る。中国では、国内外への団体ツアーを禁止するなどの措置がとられた。当然、日本国内においてもインバウンドへの影響が見られる。東京都内のホテルに勤める坂本さん(仮名)が話す。

「これまでは部屋の稼働率が100%近くだったのに、現在は70%程度。通常1万円の部屋を7000円に下げてもこれです。私はここに勤めて5年になりますが、ここまで落ち込むのは初めてです」(坂本さん、以下同)

◆「中国客減った」都内ホテルマンの証言

 坂本さんは現在勤めるホテルのほか、ホテルマン歴が長いのだが、こんなことはかつてあったのだろうか?

「2010年に尖閣諸島付近で日本の海上保安船と中国漁船がぶつかった時、国際問題に発展してキャンセルが相次ぎました。それ以来でしょうか」

 ホテルの客層は9割が外国人、残り1割が日本人。外国人の多くは中国大陸からの客だった。しかし、「今回の件で中国からの団体客は全てキャンセルになりました」。坂本さんは「それでも個人客は来ていますが……」と続けるが、武漢からの客は来たのか。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)