名古屋のアングラ地帯で起こった驚愕事案。殺人、薬物、老人の性…

名古屋のアングラ地帯で起こった驚愕事案。殺人、薬物、老人の性…

刺殺現場付近。「トヨタのお膝元だから取り締まりがユルい」と豪語するが、呂布氏は飲酒で免許を剥奪された

2020年、大都市では広域で再開発ラッシュが起こっている。超高層ビルが立ち並び、クリーンな街づくりが進む一方、都会の街は夜になると顔を変え、大麻や殺傷事件など物騒な話題が世間を騒がせた。そんなヤバいニュースのさらなる裏側や、ニッチだが知っておきたい闇情報を、夜の街のプロフェッショナルから総ざらいする!

◆<名古屋>殺人、薬物、老人の性。アングラな街で起こった驚愕事案

 名古屋在住歴25年になるラッパーの呂布カルマ氏が注目するのは、2019年5月に栄の路上で起こった殺人事件。

「栄の女子大小路という歓楽街で、元ヤクザが元ヤクザを刺殺したんです。一部始終の動画がSNSにアップされて凄惨でしたね」

 殺人現場からほど近い池田公園には、アジア人のキャッチが常時20人ほど立っている。

「外国人パブやクラブも多いけど、若者は同じ栄でも錦や住吉に行っていて、女子大は30代後半以降が行く取り残された街。モラルがあるから大ごとにはならないだけで、薬物がまん延しています」

 さらに名古屋は外国人、LGBT、性風俗に優しい街だと呂布氏。

「80歳のおじいさんがゲイバーのカウンターの中で“殉職”して、事故物件化した店を自分のレーベルのスタジオに改造したんですが、性に関心を持ち続ける老人が多いのが特徴。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)