松井珠理奈がSKE48からの卒業を発表

松井珠理奈がSKE48からの卒業を発表

松井珠理奈※写真はTDCホールのコンサートにて

SKE48に所属する松井珠理奈が2月7日、名古屋市栄にあるSKE48劇場で、卒業を発表した。

 この日、公演に一部出演した松井は、アンコールのMCに呼びこまれるとソロで自身のソロアルバム『Privacy』に収録された最後の曲「あの日交わした約束」を披露。歌唱が終わると「私が11年間こうして頑張ってこれたのは皆さんがいたり、メンバーがいてくれたおかげだと思います。今日もみんなのパフォーマンスを見ていて成長したなって、上から目線みたいになっちゃうけど最後の1期生として見届けていて、みんな成長してるんだな、センターを任せられる存在がどんどん増えてきて、私はすごい嬉しいです。だから私も勇気を振り絞って一歩踏み出したいなと思いました。私、松井珠理奈はSKE48を卒業します」と発言。

 奇しくも、AKB48最後の1期生・峯岸みなみが卒業する2020年に、SKE48最後の1期生・松井珠理奈も卒業することとなってしまう。卒業発表を受けて、この日の公演のアンコール前、最後の曲でもある15thシングル表題曲の「不器用太陽」を思い返すと、どことなく最近の松井珠理奈の姿と重なり心に染みた。

 センターという重責を数多く背負った彼女。今後は肩の荷も下りて、ゆっくりとできることを願いたい。

文/八木康晴(本誌)

1

関連記事(外部サイト)