Amazonでマスクが超高額出品。新型コロナウイルス流行の裏で…

Amazonでマスクが超高額出品。新型コロナウイルス流行の裏で…

※画像はイメージです(以下同)

新型コロナウイルスの患者数が、日毎に増加している。その影響は、ネット通販の世界にも当然及んでいる。Amazonではマスクが常識外の高額で販売され、消費者を大いに呆れさせている。が、今や街中の薬局に行ってもマスクは品切れ。病院ですらも医療用マスクの在庫がなくなってきている。

 もはや、ネット通販やオークションサイトで高額のマスクを買うしかないのか。そう考える人がいるのなら、ちょっと待ってほしい。

◆マスクを高値で売ろうとする業者が登場

 Amazonが「闇市」と化している、と知人から相談された。その知人は忙しい男で、普段はあらゆる買い物をネット通販に頼っている。Amazonでマスクを買おうと思ったが、彼は驚愕した。60枚入りの徳用箱詰めマスクに8000円という値がついている。

 それだけなら実はまだいいほうで、中には7枚×5セットで7000円というのもある。Amazonは一体どうなっているんだ、というのが知人の嘆きである。

 これに類似したことは、以前からしばしば発生している。マスクに限らず、何かしらの生活必需品が品薄になった時は多くの人がAmazonに頼ろうとする。即ち、そうした大衆心理を狙っている業者がいるということだ。

 数年前にバターが品薄になった時も、Amazonでは定価の何倍もの値段でバターが売られるという現象が起こった。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)