『筋肉体操』谷本道哉が直伝、間違った筋トレは時間のムダ

『筋肉体操』谷本道哉が直伝、間違った筋トレは時間のムダ

『筋肉体操』谷本道哉が直伝、間違った筋トレは時間のムダの画像

◆時間対効果の高い筋トレ術

「みんなで筋肉体操」(NHK)や「ホンマでっか!?TV」(フジテレビ系)でお馴染みの谷本道哉氏。言わずと知れた筋肉の専門家である谷本先生を招いたメンタルヘルスセミナーが先日、扶桑社で行われた。

「みんなで筋肉体操」の決めゼリフでもある「筋肉は裏切らない」。流行語大賞にもノミネートされたこの名言に対し、谷本先生はセミナー冒頭から釘を刺す。

「筋トレは努力をすれば報われる、やった分だけ効果があるというイメージが先行しますが、そんなことはない。すべてはやり方次第です」

 まず谷本先生が指摘したのが「プランク」という、腕立て伏せのような姿勢をキープすることで「体幹を鍛えられる」と人気のトレーニング。「ブランクは、もともとは体幹を安定させる練習で筋トレとは違う。負荷を上げて、下ろすからこそ、筋トレでは筋肉に効果的に刺激を与えることができる。プランクにはその動きが一切ない。たいして筋肉つかないですよ」と一刀両断する。

 間違った筋トレは時間の浪費だけでなく、ケガのリスクもある。安全かつ効果的な、それこそ裏切らないトレーニングを行いたいものだが、谷本先生が推奨するのがスクワットだ。

 ザ・王道のメニューだが、ただ膝を曲げればよいわけでは決してない。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)