恐竜壁画に動く巨大恐竜像…まるで“ジュラシックパーク”な駅に行ってみた

恐竜壁画に動く巨大恐竜像…まるで“ジュラシックパーク”な駅に行ってみた

福井駅が恐竜テーマパーク化

恐竜壁画に動く巨大恐竜像…まるで“ジュラシックパーク”な駅に行ってみた

フクイティタンのモニュメント

―[シリーズ・駅]―

 日本ではこれまで19道県で発見されている恐竜の化石。そのうちもっとも多くの化石が見つかっているのが福井県だ。

 例えば、2019年11月には同県勝山市で2013年に発掘された鳥類の化石が新種だったことを発表。始祖鳥に次ぐ古い鳥類とされ、“原始的な福井の翼”を意味する「フクイプテリクス・プリマ」という学術名が付けられている。

◆恐竜テーマパーク化している福井駅

 そんな福井県は以前から“恐竜王国”を名乗っており、観光客誘致に力を入れている。その一環として、福井駅にはさまざまな恐竜の展示物があり、駅そのものが観光スポットになっているといっても過言ではない。

 なかでも福井駅西口にある全長約10メートル、高さ約6メートルの巨大恐竜像は圧巻。目の前で見るとかなりのド迫力だ。

 これは2007年に発見されたその名も「フクイティタン」。骨格化石などから等身大で再現されており、こんなにデカい恐竜が福井県内の地層から出てきたことにロマンを感じずにはいられない!

 しかも、この像はただの置物ではなく実際に動き、鳴き声まで上げるのだ。駅前に像やモニュメントが置いてあることは珍しくないが、動く恐竜像は全国でもここ福井駅だけだ。

 しかも、フクイティタンだけでなく、その隣にはフクイプラトルとフクイサウルスという地元で発見された別の恐竜の像も展示。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)