40代から医学部受験するド底辺YouTuberはヒットするのか?

40代から医学部受験するド底辺YouTuberはヒットするのか?

撮影場所と勉強部屋を兼ねて借りた築50年のアパートの一室。賃料3万1500円、暖房もない4畳半の部屋で動画配信は行われる

トップYouTuberの年収は余裕で“億超え”。さらに’19年には芸能人やスポーツ選手が多数参入し、市場は大活況を迎えている。今春“5G”が本格的に普及し、さらに動画が身近なコンテンツになることは自明だが、素人でも今さら稼げるのか!?

◆月収0円:動画も受験勉強もビリからスタートするド底辺YouTuber

▼ビリおじ1号&2号氏『ビリおじチャンネル』

「ビリギャル」ならぬ「ビリおじ」が奮闘中だ。動画投稿者は医学部予備校講師の男性2人組。

「高校生の頃は医者を目指していたこともあり、指導しているうちに自分も受験しようと思ったんです。40代で医学部受験なんてめったにないことなので、記録のためにもチャンネルを開設しました」

 そう語るのは現在43歳のビリおじ1号氏。撮影と編集はiPhone1台のみで行っている。

「撮影時間は10分ほどで、編集は1時間。本業や勉強にも差し支えないペースで続けています」

 医学部受験と動画投稿、いずれも丸腰で挑戦するには道が険しい。

「広告収入を得るための最初の壁である“チャンネル登録者が1000人以上、12か月間の総再生時間が4000時間”を突破するため、チャンネル開設時には医学部受験の動画で有名なインフルエンサー、ドラゴン細井医師にお願いしてコラボ企画を実施し、登録者数を底上げしました。

1 2 次へ

関連記事(外部サイト)