「ながらスマホ」で脳は退化? “脳力”を高める3つの方法

「ながらスマホ」で脳は退化? “脳力”を高める3つの方法

「ながらスマホ」で脳は退化? “脳力”を高める3つの方法の画像

40歳を過ぎ、直前にやろうとしていたことがわからなくなった経験などはないだろうか。どこか自分の脳や体に不具合を感じ、20〜30代にあった成長している意識は薄れ、むなしさや停滞感が心を支配する――。人はなぜ老化&劣化し、成長を止めるのか? 今回は「脳力」編。40代でもいまから成長するための処方箋を紹介する。

◆休息と刺激を与え続けて凝り固まった脳を解き放て!

 年齢とともに衰えを感じる体の部分といえば、脳だろう。「人間の脳は成長する一本の樹木のようなものですね」と話す脳内科医・加藤俊徳氏が脳のメカニズムを解説する。

「乳児、小児、大人の脳画像を比べると、人間は人生経験を積むことによって、全体的に『白質』という枝が太く成長していきます。一方で、右手しか使わない人の脳画像をみると、左手の動作を司る右脳の運動系部分に枝がまったく成長しておらず、白っぽくスカスカ。だから脳は年齢ではなく、単調な生活パターンや新たな経験をやめた瞬間に老いていくんです」

◆スマホ認知症の患者が急増

 近年では「脳が劣化するスマホ認知症の患者が急増している」と話すのは、医学博士の奥村歩氏。

「目的のない『ながらスマホ』が脳疲労を生む大きな要因です。なんとなくネットニュースやSNSを見る習慣がついている人は脳にゴミ情報が溜まり、脳は退化していることを自覚したほうがいい」

 ではいまから脳を成長させるには、どうすべきか。

1 2 3 次へ

関連記事(外部サイト)