雪山を猛スピードで駆け下りる“最狂競技”「アイスクロス」が今年もやってくる

雪山を猛スピードで駆け下りる“最狂競技”「アイスクロス」が今年もやってくる

レースて?スーハ?ーフ?レーをみせたク?オラ(右)?Red Bull Content Pool

昨シーズン、日本に初上陸したアイスクロス世界選手権が、今年も帰ってくる。以前のコラムでも紹介したように、夜景の美しい街中で巨大な白蛇のような氷のレーストラックが再び出現する。

 横浜ベイエリアで開催される同大会は、同競技の最高峰でもあるATSX1000シリーズ(優勝者の獲得ポイントが1000。続いて500と100の3クラスに分かれる)。冬季オリンピックの正式種目を目指し、イベント名も「Red Bull Crashed Ice」というキャッチーなタイトルから、よりシンプルに競技を示す「Red Bull Ice Cross World Championship(アイスクロス世界選手権)」と改名。2月2日はATSX100シリーズの長野大会も初開催された。

 アイスクロスの会場は、横浜大会のような「都会型」と長野大会のような「自然型」がある。欧米の人気スポーツとして発展してきた同競技では、キャメロン・ナーズとアマンダ・トルンゾら、男女の世界チャンピオンが拠点にしているミネソタ州の近郊で、毎年のように大会が開催される。

 今シーズンは、1月18日に近郊のスキーリゾートのモン・デュ・ラックでATSX500クラスの大会が開催。北米のトップ選手が集結した同大会では、日本人のパイオニア山本純子がシーズン初参戦で、見事6位入賞を果たした。

1 2 3 4 次へ

関連記事(外部サイト)